ソニー損保の会社概要や取り扱っている代表的な保険商品のまとめ

ソニー損保の特徴

「ソニー損害保険株式会社」は、東京都大田区に本拠地を構える損害保険会社です。印象的なCMと共に周知された自動車保険は特に有名で、ビジネス環境の変化に適応しながら医療保険や火災保険まで幅広い万が一に対応することを目指しています。

 

ソニー損保が提供する保険と特徴

ソニー損保のロゴマーク

ソニー損保の自動車保険

「自動車保険」はソニー損保の代表的な保険です。車によって起こされる事故への解決力に定評があり、セコム事故現場かけつけサービスやロードサービスの充実は、車生活が基本となるドライバーにとって安心の保障内容を実現します。

 

気になる保険料は"走る分だけ"が印象的です。車種や走行距離、メーカーなど様々な要因で変化しますが、20代のドライバーの一例を参考とするならば、月々「10,750円」程度の予算が組まれます。

 

一方で、年間"無事故割引""インターネット割引"を併用することで、見積もり後の保険料からいくらかの減額が適用可能です。本格的な加入を検討する場合は簡単な見積もりだけでなく、詳細な総額を求められるように、必ずお問い合わせを行うようにしましょう。

 

医療保険SURE

「医療保険SURE」は病気やケガに対して保障を行う保険です。保険料が一生上がらないというサービスが魅力的で、公的保険で賄えない先進医療費を通算2,000万円まで保障できます。
保険料は満30歳の男性で月々「1,727円」が最小単位で、ガン保障を更に手厚くさせた場合でも「2,217円」と、魅力的な金額です。

 

ソニー損保の新ネット火災保険

「ソニー損保の新ネット火災保険」は、通常の火災に加え、自然災害により起こされた火災にも対応できる火災保険です。保険料は東京に構えた新築木造の3LDKで大まかに試算すると、月々「351円」と試算できます。

 

これの試算の内訳には地震保険がなく、オプションも最小限の場合です。更に水災や盗難などのリスクに対して保障を充実させたい場合は、追加で料金が掛かる点に注意しましょう。
また、店舗で利用される場合や賃貸の物件は対象外となるため、持ち家があるユーザーにオススメの保険です。

 

ソニー損保の海外旅行保険

「ソニー損保の海外旅行保険」は、海外旅行時に発生した万が一の治療費に対応する保険です。インターネットからのお申し込みで、ハワイに6日間旅行に行く場合だと最低保険料「2,340円」から対応しています。24時間365日の対応力で確かな満足度を実現している保険です。

 

自動車保険を検討する上でオススメ

ソニー損保は医療保険や火災保険、旅行保険など幅広い分野に対応していますが、やはり注目すべきは自動車保険です。特に走る分だけの保険料は、余り車に乗らない人こそオススメされます。

 

また、インターネットを活用することで大幅な割引が実現可能です。値段ではかなりのメリットがあり、加えてかけつけサービスなどの内容も非常に手厚く保障されています。ソニー損保の保険は、特に自動車保険を検討する際の1社に含めて起きたい保険会社なのではないでしょうか。

 

がんなどの病気に備えた保険に加入したい方はアフラックがおすすめです。下記ページで保険商品などをご紹介していますので、是非チェックしてみてください。

⇒アフラックの保険

TOPへ