保険の契約期間による違いを知り、目的に合った期間で加入しましょう。

保険期間は保険を選ぶ決め手にもなる

「保険期間」とは、加入している保険による保障が有効とされる期間です。保険期間中は、"ケガや病気、死亡や日常生活が困難な高度障害を患った場合にお金が貰える"とシンプルに考えられます。
一方で、当然ですが保険期間外になってしまうと、万が一の不幸に巻き込まれてしまった場合に補償を受けられません。

 

なので、保険に加入する際は必ず該当の保険がいつから効力を発揮し、いつまで保障が適用されるのか、しっかりと理解しておく必要があります。保険期間は、目的に応じた保険を選ぶ際の基準の1つです。生命保険を基準に"定期""終身"の2つの保険期間について理解しましょう。

 

2タイプに分かれる保険期間

保険期間のイメージ

一定期間の保障に限定される保険

1つめのタイプは、保険期間が10年や20年と言った単位で一定の期間が設定されている保険です。生命保険で言うと"定期保険"に相当します。保険は万が一への備えであると言う考え方が一般的であるため、人によっては心許ない印象を与える保険期間です。

 

しかし、毎月の保険料が安く、初めて保険商品を利用するユーザーにとっては入り口として親切な設計が組み立てられています。
また、病気のリスクが低い若者は保険の必要性を感じにくい傾向にありますが、お金が無い生活ながらも"子供が自立するまでの間"といった、絶対に気が抜けない期間だけでも加入しておきたい場合に便利な保険期間の設定です。

 

生涯を通じて保障が行われる保険

もう一方のタイプが、途中で解約を行わずに必要な保険料を払い続けることで、保険期間が生涯に渡って継続する保険です。生命保険で例えると"終身保険"に相当します。安心感は圧倒的に高いですが、生涯に渡って保険が続くので"満期"という考えがありません。

 

また、保険料も定期保険と比べると高く、毎月の負担になる懸念があります。一方で、一定期間保険料を支払った後に解約すれば"解約返戻金"をある程度受け取ることが可能です。子供が小さい内に加入させておき、必要に応じて解約すれば将来の学費に充てられるため、"貯蓄性"と言う観点で有効的な保険として認識されています。

 

保険期間と払込期間は違う

保険期間は、加入者に対する保障が適用される期間です。
稀に"払込期間"と同じものだと考えるユーザーもいますが、払込期間は保険の料金を払う期間に相当します。払込期間は60歳までで保障は生涯に渡って行われる保険も多く存在しますので、2つの期間の違いを正しく理解しておきましょう。

 

目的に応じて保険期間を加味する

保険期間が異なれば、保険料も異なり保険の性質も異なります。予算やニーズと言った複雑な内容は個人個人で変わりますので、目的に合った保険期間を有した保険を選ぶことが必要です。
どちらが良いとは一概に断言できませんので、まずはご自身の保険加入理由をしっかりと整理することが大切なのではないでしょうか。

TOPへ