医療保険もその種類は様々。主な保険とその内容・選ぶコツを伝授します。

医療保険とは

「医療保険」とは、病院や医療機関で医療費が発生した場合に、負担を軽くするため一部代金を負担してくれる保険の総称です。日本には国民保険制度があるため、ベースとしては公的医療保険に加入している状態として見なされます。

 

その上で民間の医療保険に加入する意義とは、入院や治療に伴う「差額ベッド費用」「通院時の交通費」「生活用品」などの、公的な医療保険で賄えない費用を補助することです。

 

また、公的医療保険では賄えない"先進医療"という仕組みが存在します。まずは、代表的な民間医療保険の種類を理解して、ご自身が加入すべき保険について考えていきましょう。

 

代表的な医療保険の種類

治療にかかるお金のイメージ

定期医療保険

「定期医療保険」は、補償期間が一定期間に限定されている医療保険です。5年や10年といった単位で小回りのきく契約が出来るため、若い年代のユーザーが万が一に備えて契約する医療保険としてオススメの保険という認知がされています。

 

終身医療保険

「終身医療保険」とは、補償期間が生涯に渡って継続する医療保険です。定期保険と異なり更新や乗り換えを行う必要が無いので、圧倒的な安心感を実現しながらも、安定した保険料の支払いで家計の組み立てもスムーズに行えます。
年を取るごとに増加する健康リスクに早い内から備えるという点でメリットの大きい保険です。

 

ガン保険

医療保険の補償内容を特化させた保険として用意されているのが「ガン保険」です。男性では2人1人、女性では3人に1人がガンになると言われている上に、再発や転移が多く不安が尽きない病気とされています。通院が多いにもかかわらず、先進医療で高額になる治療費にも対応するために契約が増加してる保険です。

 

女性向け医療保険

「女性向け医療保険」は、医療保険のなかでも女性に特化した特別な保険です。女性特有とカテゴライズされる病気は多く、全国には男性を上回る女性の患者が存在します。ガンはもちろんのこと、女性にとって悩みの多い体調の異変に対して手厚くアプローチできる保険です。

 

医療保険を選ぶコツは"不足を探す"

医療保険は、万が一の病気・ケガに際した諸費用を補償するための保険です。
しかし、先進医療の費用を除けば、多くが生活保障や入院に携わる物品購入費に当たるため"別途不労所得等の収入がある"、もしくは"勤務先の補償が充実している"場合は無理に加入する必要はありません。

 

そのため「勤務先の制度が不十分」「不労所得が無い」場合、もしくは「ガン保険で先進医療費に対するリスクヘッジを行いたい」場合は加入するケースが見受けられます。ご自身の置かれている環境をしっかりと見直して、どの保険に加入することがオススメされるのか考える必要があるのではないでしょうか。

TOPへ